2016年4月13日

畳小町

好評頂いている畳小町シリーズ『畳小町』

い草のにおいがほんのり香り 畳の雰囲気そのままにご利用出来ます。

将来的に畳の部屋が絶滅危惧種になっても、この畳があれば小さな小さな和室を再現できます。

大きさは225㎜×225㎜で、厚さは15㎜となっています。

IMG_5828

畳小町は本イグサの畳表を手縫いで縫い付け全工程手作りとなってます。

開発秘話

近所のおばさんが、畳に花瓶の水をこぼしたら色がつくとので、困っているという一言から畳小町の開発が始まりました。

最近の花瓶には花を長持ちするように魔法のエキスをいれます。そのエキスが畳にいろを付けてしまいます。

畳に色がつくからと、近所のおばさんは花瓶の下にビニールや布を敷くのも考えたそうです。

しかしビニールが花瓶の下にあるのは見栄えが悪いし、和室の雰囲気も壊してしまいます。そこで畳で何とかならないかと相談されたのがはじまりでした。

この畳小町は敷畳と同じように縁を手縫いで縫い付けています。

表面に近い部分には金属が触れない工夫も行っていおります。

最大の特徴は自分でも簡単に作れることです。

縁の柄を変えれば見た目や鮮やかさが大きくかわります。

是非季節の衣替え、季節の花に合わせて縁の柄を変えてみませんか?

IMG_0179

求められればこんな畳も作っちゃいます!表は樹脂表ですが、こんな色も可能です。

畳表は現在様々な種類があります。単色から混合色など様々です。

縁も信じられないくらい種類があります。畳でお部屋を彩りませんか?

※小町の特別使用は一度ご相談ください。(要見積)

畳小町は、正方形、長方形の二種類あります。

 基本サイズ 225×225×15㎜ 定価 2,500円(税抜)にて販売されています。

DSC03009